2022年09月08日

3年ぶりのコンサートのひととき

手(チョキ)3年ぶりのコンサートに出かけました。

コロナ感染症のため延期になっていたオーケストラ・
ムジカ・チェレステの演奏会が令和4年度滋賀県の
アートコラボレーション事業と日野町町民会館わたむき
ホール虹会館30周年プレ事業会館リニュウアル記念
事業を兼ねて開催されました。

会場は大改造なった「わたむきホール虹 大ホール」です。 

会館.jpg


        「プログラム」
ロッシーニ:歌劇「絹のはしご」序曲
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品61
モーツアルト:交響曲 第39番変ホ長調 K.543
   指揮 篠崎 靖男  ヴァイオリン 荒井 里桜


ポスター.jpg

 私自身コロナ禍、ここ2年間は食糧の買い物以外ほとんど
外出を控えていため、8月19・20・21日2泊3日で在所の状態を
みるため久しぶりの遠出をしたところ。偶然にもこの演奏会を
知り行ってきました。

 やはり、生の演奏はいいですね。耳

このホールは音響効果が非常にいいのが特徴で座席も条件がよく
気持ちよく聞くことができました。
特に聞きなれた曲でもあるベートーヴェンのヴァイオリン・コン
チェルトで荒井里桜のカンデンツアはクライスラーのものをいき
いきいと奏でて楽しめさせてくれました。
さらに、指揮者・ソリスト・オケの息の合った演奏が素晴らしく
楽しいひとときを満喫してきました。

posted by ハッシー at 21:39| Comment(0) | 日記

2021年04月05日

小春日 句4題


橋本.jpg
posted by ハッシー at 16:57| Comment(0) | 日記

2021年04月04日

春祭り

春祭り

 お彼岸も過ぎ春本番となってきました。
公園の桜も満開を過き日曜の春の嵐に散ってしまうのではないかといまだ花見をせずに過ごしている身には気をもませています。
 郷里の春は名古屋より一足遅れでやってきますが四月には五穀豊穣を祈願し春祭りが行われます。
以前それは賑やかなものでしたが過疎化に伴い年々寂しくなっています。

 ここに掲載した写真は十年ほど以前のお祭りの様子を撮影したものです。このお祭りは日野町特有の祭行事
として町内七神社で「ホイノボリ」が奉納されること。祭礼では御旅所へお渡りをした後、各自ホイを千切り自宅に持ち帰り守り神として来年まで飾っておきます。

春祭り(御田祭り)写真集

HA1.jpg
この祭り幟は祖父學童の筆によるもので、戦前に奉納したもでありますが破損著しくなり一昨年新調されましたので、現在は私の手も手にて保存しています。

HA2.jpg

HA3.jpg

HA4.jpg

HA5.jpg

HA6.jpg








posted by ハッシー at 11:51| Comment(0) | 郷里

2021年02月15日

早春賦

立春も過ぎ老梅の蕾がほころび始めた。
まもなく紅梅、ふきのとう、土筆、スイトピー、
春水仙、鈴蘭と賑やかになってくるだろう。
待ち遠しい限りである。
非常事態宣言下外出もままならず冬籠りを
余儀なくされていたが、幸い感染者数も減少
傾向にあり、遠くない時期に出歩けるように
なることを期待したい。
―今庭に彩りを添えている花々たち―


FLW1.jpg

HLW2.jpg

*写真をクリックすると拡大します*



posted by ハッシー at 10:07| Comment(0) | 日記

歯磨き粉

郷里の蔵を取り壊したときのことである。
戦前の粉歯磨き粉{(株)小林商店のライオン歯磨}
が未使用の紙袋入りで箱に入った状態で見つかった。
その他、他社のものが3点混ざっていた。HAS1.jpg

歯磨剤は古代より使用されてきたが西洋式のものが
使用されるのは維新後の事でありそれ以前は我が国
独自の歯磨剤が使用されていた。
 早速、ライオン(株)社史資料室に問い合わせた
ところ松村様より丁重なる情報をいただいた。その
なかでお教えいただいた興味ある歯磨剤にまつわる
エピソードを紹介したい。
 見つかった歯磨粉は昭和11年17年18年に発売され
ていたもので、それぞれ微妙にデザインが
変わっている。
また、昭和15年の製品はデザインが全く異なって
おり軍隊用向けの製品であるとのことである。本来
トレードマークである英文字は敵国語として禁止
され、日の丸の中にライオンが立つこのようなデザ
インに変更されたとのことである。軍部の締め付け
がこのようなところまで徹底して統制されていた
とがわかる(写真左)


HAS2.jpg

HAS3.jpg

*写真はクリックで拡大します*

posted by ハッシー at 09:29| Comment(0) | 世相

2021年01月04日

伊勢太神楽

c.sakura.ne.jp/sblo_files/84mo10shu2/image/E6A98BE69CAC2021-00.png" target="_blank">橋本2021-00.png

伊勢太神楽

正月三が日も過ぎるとお屠蘇気分も抜けいつもの生活にもどるが
月半になるとお伊勢さんより近在の村々に大神楽がやってくる。

家内安全無事息災を祈願して比都佐神社に獅子舞を奉納する行事です。


橋本2021-01.png

橋本2021-02.png

獅子に頭を噛んでもらうと長寿、無病息災が叶うといわれています。

橋本2021-1.png

橋本2021-2.png

橋本2021-3.png

橋本2021-21.png

橋本2021-4.png

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E6%A5%BD
伊勢大神楽(いせだいかぐら)は、獅子舞を舞いながら諸国を巡り、かつては伊勢神宮、現在では伊勢大神楽の神札を配布してまわる神楽師のことを指し、広義には彼らのおこなう芸能の総称を含む。大神楽師達は各戸で竈祓(祈祷)を行う際に獅子舞を舞うが、それ以外にも特定村落の鎮守社境内などで総舞と呼ばれる娯楽要素の強い芸能を披露する。
posted by ハッシー at 11:47| Comment(0) | 日記

2021年01月02日

病室 朝の風景笑話


入院中起床時隣の女性の病室の会話

看護師さん「〇〇さん、おはようさん」
〇〇さん 「・・ZZZ ???」
看護師さん「検温して、顔ふいて目を
      覚ましてや」
     「あとで来るから計っといて」

・・・しばらくして

看護師さん「〇〇さん 拭けたーーー」
〇〇さん「あほかいな、一晩で急に
     老けへんわいな」
    「いわんといてーーー」 


             でした。

posted by ハッシー at 21:58| Comment(0) | 世相

句 五題

橋本句.jpg
posted by ハッシー at 21:43| Comment(0) | 日記

2020年06月25日

ブログ 再スタートします

 昨年11月初旬より、本年(2020年)1月中旬まで大腿骨骨折にて手術、リハビリと入院生活を余儀なくされ、ブログを中断することとなりました。

本年になり、中国でのコロナ発生により日本で流行する前に退院し、自宅療養へと切り替え今日に至りました。

ようやく体調も良くなりパソコンに向かう元気が出てまいりました。


気づけば、紫陽花の咲く季節になっています。

あじさい.jpg

また、年寄りの暇つぶしにブログを始めますので、どうぞよろしくお願い申しあげます。


ボケたらあかん.jpg

posted by ハッシー at 10:40| Comment(0) | 日記

2019年10月02日

秋 三題

収穫
風に乗り 君きたりしや 曼珠沙華   
            白路

autam1.jpg

夕暮れ
茜去り 鐘の音子たち またあした  
            白路<
/strong>
autam2.jpg

秋桜
autam3.jpg

滋賀県日野町三十坪近郷より綿向山方面を望む
近郷にトマト園があり とても美味しいトマトパフエが味わえます.












posted by ハッシー at 01:22| Comment(0) | 世相